しみとは?

しみは美容用語であり、医学的表記では「色素沈着」と表現します。
シミができる原因はさまざまですが、ほとんどのシミは紫外線が原因となっています。
他にも、ホルモンバランスの崩れや睡眠不足、加齢なども原因となってきます。
紫外線やホルモンの影響などによって、皮膚の下にあるメラノサイトが、刺激を受けて皮膚を守るためにメラニン色素が作り出されます。
このメラニン色素がターンオーバーによって排出されずに皮膚にのこってしまうとしみになってしまうのです。

しみの種類について

しみの種類はさまざまです。
しみの色や大きさ、できる場所によって種類も違ってきます。
・老人性色素斑
これは、紫外線が原因となってできるシミで、頬やこめかみの部分に多くできるしみです。
・肝斑
頬骨や額などにでき、左右対称に濃淡のしみができます。
30代以降の女性に多く閉経すると消えていきます。
・そばかす
鼻を中心に顔全体にできるしみです。
遺伝的なも野でもあり成長や紫外線によって増えたり色が濃くなったりします。
他にも、遅発性両側性太田母斑や脂漏性角化症の種類もあります。

しみのメカニズムについて

しみは、皮膚の中にあるメラニン色素の沈着による斧です。
皮膚が紫外線を受けると、表皮細胞からメラニンが生成されます。
このメラニンで肌を黒くすることで、紫外線の肌への侵入を防ごうとしているのです。
肌のターンオーバーは、28日周期で行われていてこの代謝に合わせてメラニン色素が排出されることになります。
しかしこの時に、代謝の低下などの原因によってメラニン色素が排出されにくくなってしまうと皮膚に沈着してしまいしみが出来てしまうのです。

年齢別にみるしみについて

しみは年齢によっても違いがあります。
しみのできる年齢を種類を見ていきましょう。
30代の女性の場合には肝斑や速い人では、老人性色素斑が出てきます。
40代の女性多くみられるのが、老人性色素斑です。
頬骨の周辺に1センチくらいの薄茶色のしみが出来てきます。
加齢とともに色も濃くなっていくので注意しましょう。
50代以降になると、老人性色素斑、脂漏性角化症などの症状も出てきます。
紫外線の影響が大きいしみでもあるので、日ごろからのお手入れをしっかりと行いましょう。
にきび治療ランキング
梅田・心斎橋フェミークリニック 梅田・心斎橋フェミークリニック
さの皮膚科クリニック さの皮膚科クリニック
印どうメディカルクリニック 印どうメディカルクリニック
ちゃのき皮膚科クリニック ちゃのき皮膚科クリニック
松田クリニック美容皮膚科 松田クリニック美容皮膚科
▲ ページトップへ