しみはなぜできる

いつの間にか出来てしまっているしみですが、一体どうしてできるのでしょうか?
しみは、色々な原因で起こります。
その中でも最もポピュラーなものが紫外線です。
紫外線を浴びると肌内の細胞がメラニンを作ってしまいます。
メラニンをしまうのは紫外線からお肌を守ろうとするためです。
その他にも、女性ホルモンのバランスが崩れる事や睡眠不足、ストレス、加齢、炎症などの原因もあります。

しみができやすい体質について

同じように陽に当たっていたのに、しみになりやすい人となりにくい人がいるのはなぜ?
同じように見えるお肌も、人によってさまざまです。
陽に当たると赤くなるだけの人もいれば、すぐに黒くなってしまう人もいる。
その違いはどこからくるのでしょうか?
それには、メラニンが関係しています。
紫外線を浴びてお肌を守らなくてはと働く早さに個人差があるのです。

しみになりやすい人は、ターンオーバー力が低下してきている人です。
簡単に言えば、若い人より、年齢を重ねている人です。

こんなときにしみはできる!シチュエーションについて

紫外線を浴びるとしみができるとはよく聞きますが、紫外線を浴びたからと言ってすぐにしみができるわけではありません。
実は私たちのお肌には、目に見えるしみの他にたくさんのしみ予備軍がいます。
どんな時にそれはしみになるのでしょうか?
まず、紫外線を浴び続ける事は原因の一つですが、睡眠不足だったり、体調不良で身体のバランスが崩れている時、しみになりやすいのです。
体調不良の時の外でのレジャーには十分注意しましょう。

年齢別にみる、しみができる原因について

主に紫外線によってできてしまうしみですが、その他にもさまざまな原因があります。
まず10代20代頃は、まだ若いからとお手入れ不足でしみができてしまうようです。
日焼け止めなどで紫外線対策をきちんと始め、できるだけ長時間紫外線にあたらないように注意しましょう。
30代40代以上になると、しっかりお手入れしているにも関わらず、しみができてしまいます。
加齢によりターンオーバーが上手くいかなくなってしまった事がげんいんのようです。
にきび治療ランキング
梅田・心斎橋フェミークリニック 梅田・心斎橋フェミークリニック
さの皮膚科クリニック さの皮膚科クリニック
印どうメディカルクリニック 印どうメディカルクリニック
ちゃのき皮膚科クリニック ちゃのき皮膚科クリニック
松田クリニック美容皮膚科 松田クリニック美容皮膚科
▲ ページトップへ